主治医の先生を選ぶ前にしておくこと

主治医の先生こそ、ピンキリだと感じています。ひとつの外来でも何人かの医師がいる総合病院ともなりますと、初診の際には「だれ先生がいいでしょうか?」といったように、診察を希望するドクターについて聞かれるのですよね。

しかしたいていの人はその病院について、ましてや各ドクターについての情報を持たずに病院を訪れていたりしますから、「いや、お医者さんの希望はないです。誰でも良いですよ」といったような回答になるのですよね。しかしここが間違いだったりするのです。

「希望するドクターはなく誰でもいい」などと言ってしまいますと、人気のないドクターにまわされるのです。なぜなら、不人気のドクターともなりますと、待っている人も少ないですからすぐに診察を受けられるわけです。

けれど、人柄ではなくまずは腕によって評価されるのがお医者さんですからね。なので不人気ドクターを選んで主治医の先生になってもらうのは、ちょっと危険かも知れませんので。一概にはいえませんけれど。事前評判ぐらいはチェックしてから病院に行くのがいいでしょう。