主治医の先生が定年退職年齢になると焦る

主治医の先生が定年退職の年齢になると、脳卒中発症後にやる気が出ないときのガイドラインはちょっと焦ります。ドクターは定年退職後も再雇用されて勤務する人がほとんどだーとは聞きますけれど、しかしやっぱり焦りますよ。知らないと怖い慢性腎不全にかかる医療費はいくら皮膚科だとか、産婦人科の主治医の先生ともなると、気持ちの中でかなり焦ってしまいます。

なぜかと言えば、県下で訪問の事ならといたみホームクリニックへそれはもちろん皮膚科(肛門まわりの)にしても、大阪府下の生野で人気の病院は産婦人科にしても、おしもの箇所なわけですから、それはやっぱり主治医の先生がいなくなると嫌なわけです。せっかく、すっかりと慣れた主治医の先生なわけですから。

しかし、大阪城東区の内科なら福永記念診療所へ主治医の先生がいなくなると、今度は新しい先生に診てもらうわけです。主治医の先生がいなくなったからといって、私の症状がまったくなくなるというわけではありませんからね。ですから、次に主治医の先生となってくれる人を探さなければならないわけです。

お医者さんですから、誰が入っても診てもらうしかないのですが、やっぱりこれまで慣れ親しんでいる先生ですと、話もスムーズで助かるわけです。ですからやっぱり、主治医の先生には長く勤めて欲しいのですよね。