主治医の先生のいる病院に対する信頼感

主治医の先生の診察には安心感があります。そしてまた、「主治医の先生の診察」ですと、後遺症に悩む前の脳卒中対策なら細かい説明の手間を省くことができるという意味で、本当にとても助かるのです。

これが主治医の先生ではない、「はじめまして」のお医者さんですと、透析専門医が教える人工透析は一からまた説明をしなくてはなりません。もちろんカルテには既往歴は記載されていると思いますが、しかし初めましてのお医者さんからは、また事細かに確認をされるじゃないですか。訪問では人気の兵庫県下病院といえばもちろん、そうすることがとても大事だということはわかっています。

けれど、正直面倒くさかったりします。しかし顔なじみの主治医の先生の診察ですと、そういった既往歴などの事細かな質問を省略することができるじゃないですか。大阪府下生野で人気の病院の「話が早い」というわけです。このことはとても助かります。

そしてまた、主治医の先生の診察ですと、信頼がありますから私の方のメンタル面でもホッとするという利点があります。やっぱり初めてのお医者さんは緊張します。がん検査なら大阪府の福永記念診療所からへ主治医の先生として信頼している相手だとナーバスになることなく、診察に望めるので気持ちとしても楽ですね。待合室でも不安になることなくリラックスできる点でも利点になっていると思っています。